ゾンタクラブとは 1919年 アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファローで創設された女性の地位向上のために共に働く、

事業経営者や専門職の人々による国際的な奉仕団体です。1928年シカゴに本部が移され、現在世界66ヶ国に1,200以上のクラブがあり、日本ではそのうち48クラブ、約1,000名の会員が活躍しています。 私達「東京Ⅰゾンタクラブ」は1961年に 世界で492番目 日本で初めて設立されたクラブです。

主な活動と支援


国際レベル、地域レベルの活動

仕事を持ち、活躍する会員が、世界的に団結し、

高い倫理基準の元に、奉仕事業を実施しています。

地域社会、国、全世界に奉仕する会員同志は、お互いに支えあい、新陸を深めています。

国際ゾンタの奨学制度について

 国際ゾンタには「アメリア・イアハート奨学金」   「J.M.クローズマン奨学金」「YWPA奨学金」

「WIT奨学金」の4つの奨学制度があります。


東京Iの活動について

東京Iゾンタの奨学助成

2020年度奨学生の面接が

終了しました

チャリティバザー

令和2年のバザーは

11月15日(日)から

   23日(月・祝)まで

オンラインにて、開催が決定!

ZONTA100周年記念

チャリティディナー

「好評のうちに終了、

        ありがとうございました」



 

日本にゾンタクラブが誕生

日本に新クラブを設立するべく、国際ゾンタは、

1961年4月、組織拡大委員長Ms Mary Pottsを派遣し、

そのとき東京に初めてゾンタの種が蒔かれました。

15名の創立会員による東京ゾンタクラブは、

1961年7月17日認証されました。

東京Iゾンタクラブ半世紀の歩み

(画像クリックで拡大します)