国際ゾンタについて


「国際ゾンタ」(Zonta International)は 地球レベル、地域レベルで奉仕を提供する国際的な奉仕団体です。

1919年11月8日米国ニューヨーク州バッファロー市で、マリアン・ド・フォレスト女史他職業をもつ婦人達により発足しました

1928年シカゴ市に本部を設置し、1930年からは法人格をもち活動しています。

1987年には、この「国際ゾンタ」の奉仕事業の目的を遂行するために、非営利組織の「国際ゾンタ財団」が設立されました。

 

「ZONTA(ゾンタ)」とは北アメリカ先住民スー族の言葉で、誠実、信頼を意味します。 

66ケ国に1200以上のクラブ、約30,000名の会員がおり、会員の職業は100余種に分類され、

1クラブへの入会は一業種数名を原則とし、初期には女性による国際ロータリークラブとよばれることもありました。 

 

私たちは、事業経営者や専門職の人々の世界的な友好を通して、理解、親善、平和の推進のために活動しています。

国連機関との連携

ジェンダーに基づく暴力の撲滅や児童婚を終わらせる等、女性の安全に対する医療、教育、対策に関し、国際大会で発表と意見交換を行い国連への提言をしています。

国連と提携しての奉仕は国際ゾンタの大きな特色で、専任者が送られています。

国際ゾンタ奨学制度について

国際ゾンタの奨学制度は4つあります。

・「Amelia Earhart 奨学金」

・「Jane M. Klausman 奨学金」

・「YWPA (Young Women in Public Affairs) 基金」

・「WIT(Women in Technology」

 

ローズデーについて

1977年に国連が定めた3月8日「国際女性デー(International Women’s Day)」をゾンタローズデーとしています。

 

毎年黄色いゾンタローズにちなんだデザインが特に多く見られるのもこの時季です。